台中に戻ったらやっぱり行きたくなる花媽の鍋料理

スポンサーリンク

日本へ移住してからあっという間に約1年が経過しました。

このブログも気にはなりながらも、中々更新が出来ずカビが生えてしまうんではと感じるほど、時間が経ってしまいました。

InstagramFacebookページでは旧正月前に久々に台中に戻った時の様子を少し投稿していたのですが、実は約1週間の滞在で懐かしい友人やお気に入りのお店に足を運んでいたのでした(笑)

今回はその時のお気に入りのお店の一つ、花媽の鍋物に行ってきたのでご紹介したいと思います。

このお店の事については台中で毎日食べても飽きないカウンターで食べる花媽の鍋料理で詳しく紹介しているので、お店の概要についてはこちらの投稿を御覧ください。

変わらない明るい笑顔で迎えてくれた花媽

すでに一年近くも会っていなかったのに、お店に到着して顔を見るなり満面の笑顔で迎えてくれた花媽。

正直覚えてくれているかと少し不安だったのですが、そんな不安はお店に入った瞬間に吹き飛んでしまうくらいに暖かく迎えてくれました。

この日もいつものメニュー、雙拚石頭鍋をオーダーしました。


台湾はお店が色々な所でオープンしますが、消えてなくなってしまうスピードも早い中、花媽のお店は人気が高い様子でこの日もお客さんで賑わっていました。

話を聞いていると、この台湾自由人おブログを見て訪ねてくえる日本人が結構いるんだよと嬉しいコメント。

しかも、わざわざお店に立ち寄ってくれる日本人向けに簡単な日本語メニューまで容易してくれていました。


これさえあれば、中国語に自信がなくても安心して楽しむことができますよね。

台湾で鍋料理を楽しむならこれを是非試して欲しい!

花媽の鍋は特段台湾らしいものでもありません。むしろ素朴なメニューが多いお店です。でもだからこそ、少し油っぽい台湾料理に胃が疲れてきた時や、ほっとしたい時にぴったりなお店なんです。

我家は当時、週に1回はお邪魔していたんではと思います。

そんな素朴なメニューでも、是非食べる時に野菜や肉類にすこし付けて食べて欲しい台湾ならではの調味料があります。

それが沙茶醤(さーちゃーじゃん)と言われる、魚介類をベースに、ニンニク・ゴマ・香辛料・油を加えて煮込んだ調味料で、我家は台湾で大量購入してこの寒い冬の時期に色々な鍋料理に合わせて楽しんでいます。


台湾のスーパーに行けば、どのお店でも見つけることができますが、その中でも一番オススメなのではこの銀色のパッケージ、牛頭牌と書かれたものです。

鍋料理以外にも調味料として使えるのも嬉しいポイントで、たとえば焼肉のタレとしても使えますし、台湾風の焼きそばに少し入れるのも個人的には好きです。

この商品日本でも購入することが出来るのですが、日本だと台湾の倍以上の金額となってしまいます。台湾では写真の様に約90元(約300円程度)で購入することができますが、日本でも牛頭牌沙茶醤(さーちゃーじゃん)と検索すれば色々なサイトで購入することが出来ますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

そういえば前日我家に日本に住み始めて半年ぐらいの台湾人の友人が来たので、鍋料理に沙茶醤を出したら大喜びでした。

花媽との思い出話に、お腹いっぱいの鍋料理を堪能した台中に戻った最初の日の食事でした。

お店の情報は過去のブログにも記載がありますので、そちらを参照ください。

店舗情報

住所:台中市西屯區青海路二段292-7號
電話:04-2451-4579
営業時間:午餐11:30~14:30 晚餐17:00~22:00 假日11:00~22:00
今日はこの辺りで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

こちらはお店の看板インコです(笑)


 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile