台湾旅行を10倍楽しむ台湾新幹線情報

スポンサーリンク

台湾旅行が決まったら、その移動手段を効率的に利用するのは一番重要な事の一つですよね。

今回は台湾新幹線のことについて少しご紹介しておきたいともいます。

台湾新幹線について(HSR)

台湾新幹線は正式名称ではありません。

正式名称は台湾高速鉄道(Taiwan Hisgh Speed Rail:THSR)です。

ただ、タクシードライバーに新幹線といえば、新幹線の駅と認識してもらえるほど、その名前は広まっています。

 

台湾高速鉄道は台北と高雄を結ぶ鉄道で現在のところ、台北駅から左営駅間の345Kmを最高時速300Kmで結び、ノンストップ便ですと、約1時間30分で到着します。

以前は在来線の特急電車で約4時間かかっていたので、大幅に時間が短縮され南北の移動に欠かせない手段の一つです。

 

開業したのは、2007年年の1月。

当初は2005年を開業予定にしていたようでしたが、色々なトラブルなどがあり二年近く延期されて開業しました。

 

この台湾新幹線、丁度東海道新幹線の東京ー名古屋区間(342km)とほぼ同じ距離となっていて、指定席(のぞみ)で約11000円ですが、台湾では現在1630元(5700円程度)となっており、ほぼ半額で乗車できます。

 

チケットの購入方法は沢山あり、
  • オンライン予約
  • 電話予約
  • コンビニエンスストアで予約
  • 駅窓口
  • 自動券売機
などで予約、購入できます。

詳しくは、台湾高速鉄道のオフィシャルサイトをご覧ください。

サイトは日本語も用意されており、とてもわかりやすいので安心です。

⇒チケット案内(オフィシャルサイト)を見る

 

また、台湾高鐵ではお得な周遊券を販売しているので、合せてチェックしてみてくださいね。

お得なチケットを確認する

 

DSC_0014_edited

写真を見ると、日本の新幹線と勘違いする程よく似ていると思いませんか?

そうです、台湾高速鉄道の車体は日本から輸入し使用されています。

DSC_0017_edited

ほぼ、いつも見慣れている新幹線内に座ったときに見える風景と違いがあまりないですよね。

日本の新幹線と台湾新幹線の違いとは

日本の新幹線を利用した時、台湾の新幹線を利用した時に若干違う所もあります。

たとえば、各車両の自動ドア。

日本は、近くに立てば自動でドアが開きますが、台湾では押ボタンがあり、それを押さないと開きません。

 

また、日本人ならではですが、せっかく機能としているシートのリクライニング。

日本では後ろの人に気を使うことが多く、マックスまで倒す人は少ないとおもいますが、台湾ではほぼ全員がマックスにシートを倒します。

それが当たり前になるので、倒さないと自分のスペースが狭くなってしまうので、必要以上に倒してしまいます(苦笑)

 

台湾では公共施設などの喫煙は一切禁止ですので、当然新幹線に喫煙車両や喫煙場所はありません。

また、車内販売は日本と同じシステムで各車両に販売しに来てくれるのですが、台湾ではゴミを集めに来てくれる人がいます。

 

なので、座っていると収集に来たスタッフ(大抵はおばさん)に渡すと、手際よく持って行ってくれるので車内がいつも清潔に保たれているような気がします。

 

台湾を効率的に観光するのであれば、やはり新幹線を有効活用するのは必須となるでしょう。

日本よりも運賃が安く、そして日本の様に時刻に正確なので、日本人にとってはとても安心して活用できる手段だと思います。

 

お子さんや、高齢者の方に対する運賃もありますので下記を参照ください。

子ども切符:12歳未満の小児は子ども切符を購入することができ、6歳未満の幼児は同伴する大人が一般切符を持っている場合に限り、二人まで無料となります。身長150センチを超える12歳未満の小児、または身長115センチを超える6歳未満の幼児は身分証明書類などの提示が必要となります。

シニア切符:65歳以上の方は、証明できるもの(パスポートがいいでしょう)を持参し提示することで、片道普通運賃の50%で購入することができますので、是非活用くださいね。

残念ながら、シニア割引は現在中止されています。

TAIPEINAVIさんのサイトに詳しく書いてあるので、参考にしてください。

http://www.taipeinavi.com/special/5052379

 

是非、台湾新幹線を活用してくださいね。

 

それでは今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 2007年11月から特別適用されていた
    高鐵シニア割引の外国人への適用は
    2014年8月から廃止されました。

    春に監察院から「赤字削減策」のひとつとして
    廃止を勧告されていたのが要因。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    台湾自由人

    台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile