11月の台湾旅行!この時期食べたい料理、気候と服装について

スポンサーリンク

日本は気温も下がり、すっかり秋らしくなってきましたね。

11月も祝日が2日あるので、既に台湾旅行を計画している人も多いかと思います。今回は10月の台湾の気候と服装に続き11月の台湾について投稿したいと思います。

台北に行くなら東京の気候とさほど変わらない?

さすがに10月よりもグンと気温が下がってくる台湾でも北部にある台北は台中や台南、高雄と違って温度も体感温度もだいぶ違います。

11月の台北の日中の平均的な温度は20℃〜25℃なので過ごし易いといえますが、朝晩は20℃を下回ってTシャツ一枚だと肌寒い日が多いです。

日中でも雨が降ったり曇っていたりするとかなり寒く感じます。特に台北は台中よりも雨が多いので、やはり羽織る物は持っていったほうが無難でしょう。

デパートや大きな施設に入ると冷房がガンガンに入っていることも多いので、出し入れが容易な洋服が便利かと思います。私はこの時期はよくウィンドブレーカーを持って回ることが多いです。

突然の雨にも、肌寒くなって来たら直ぐにカバンから取り出せるという便利さが嬉しいです。

台中や高雄に行くならまだまだ暑い。。。?

台中や高雄に行くなら、日中30℃くらいまで上がる日もまだまだあるのでTシャツ一枚で過ごしたくなります。ただ、朝晩は意外と低くなって15℃〜20℃くらいまで冷え込むこともあるので夜市などに出かける際はやっぱりウィンドブレーカーなどを持っていくと良いと思います。

とはいえ、だいぶ湿度も下がってくるので個人的には10月〜11月は比較的過ごしやすいこの時期が一番好きな時期です。

結構街中ではまだまだ半袖に短パンなんて人も見かけたり、ダウンを着たりしている人もいたりという日本だとあまり見かけない風景がこの時期の特徴だったりします。

ちなみに、この時期は日本だと蚊に刺されるということはもうほとんど無いかと思いますが、台湾では一年中悩まされます。

こちらの記事で台湾旅行に行く時の持ち物について書いているので参考にしてみてください。

日本でも季節の変わり目は体調を崩す人が多くなるので、是非旅行には体調万全で臨みたいところですね。

秋冬に台湾に行くなら是非食べて欲しい料理

涼しくなってくると、街にちらほらと行列が出来るお店が出てきます。

それが、たっぷりの生姜をごま油で炒めたものと長時間煮込んだ薑母鴨です。

まずは台湾でのニュース番組で紹介されている丁度よい映像があったのでご紹介しますね・


薑母鴨には生姜が入っているので、やはり秋や冬になると皆がワイワイと食べに行く事が多くなります。

私も嫁と冬場になるとよく行ってましたね。最初はなんでこんな人で賑わっているんだろうと思うぐらい、そんなに美味しい?って感じることも多かったのですが、回を重ねると忘れられない懐かしい味になってしまう不思議な鍋料理です。

鴨は苦手かもという人も、スープだけは是非試して欲しいです。実際は鴨ではなくアヒルを使ったりしているお店が多いのでお店で頼むときはトッピングで牛肉やその他の具材もオーダーできるので試してみてください。

台中でおすすめの薑母鴨

台中でお店を探すのであれば、とりあずまずは霸味薑母鴨(台中旗艦店)をおすすめします。

FACEBOOK:https://www.facebook.com/chien.heo/

住所:台中市北區三民路三段356號


鍋と一緒に麺線も忘れずにオーダーしてくださいね(私の大好物です)

見た目もお世辞にも美味しそうとは言えないのですが、何度か試すと不思議なものでこの時期に恋しくなる台湾料理の一つになります。

私もこの記事を書きながら、なんだか食べたくなってきてしまいました(笑)

今度は自宅で作ってみたいと思いますので、作ったら紹介したいと思います。

それでは今回はこの辺りで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 
D10 地球の歩き方 台湾 2016~2017

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2016-03-19
売り上げランキング : 4746
by ヨメレバ

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile