台湾人嫁が作った本場台湾パイコー麺(排骨麺)レシピを公開!

スポンサーリンク

日本に済み始めて半年が過ぎても我家の奥さんは台湾に帰りたいと一度も言いません。。。

そろそろ生まれ故郷である台湾が恋しくならないんだろうかと、声をかけた時のやり取りはこんな感じ。。。

あいママ
まったく、戻りたい思わないんだけど!

あいパパ
じゃぁ、台湾に戻ることがあったら何が食べたい?

あいママ
うーん、春水堂のタピオカミルクティーぐらいかなぁ

あいパパ
えっつ、それだけっ?僕は色々あるんだけど。。。夜市で食べたさぁ臭豆腐とかさぁ・・・

あいママ
全く恋しいとも思わないわよーっていうか日本にはもっと美味しい物があるから十分でしょ!

あいパパ
僕はさぁ、清水排骨麺とかめちゃくちゃ恋しいんだけど。。。

あいママ
えーっそうなのぉ。。。じゃ作ればいいじゃん!

強がりで言っているのか、私に気を遣っているのかは分かりませんが、日本の生活に少なくとも少しずつ慣れてきた我家の奥さんです。

そんな奥さんが私の大好きな排骨麺を作ってくれることになりました。

結構時間がかかりますが、好きな人は是非試してみてくださいね

豚のスペアリブはお店で小さくしてもらっておこう

img_9672
写真の様に食べやすい大きさに切って置く必要があるので、自宅で切ろうと思うと大変な事に。。。

お店の人に頼んで3cm〜5cmぐらいに切ってもらっておきましょう。

レシピ(3人〜4人用)

【材料】

  • 排骨(豚のスペアリブ) 300g
  • 青ネギ 1本
  • ニンニク 3片
  • ニラ 20g
  • もやし 50g
  • 中華麺(太麺がお薦め)600g
  • 湯 900㏄
  • パクチー(お好みで)10g
  • 地瓜粉 大さじ5

【調味料】

  • 塩 大さじ1/2
  • 油 小さじ1

【スペアリブ味付け】

  • ニンニク 30g
  • 青ネギ 20g
  • 卵  1個
  • 塩 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 五香粉 小さじ1
  • 胡椒 小さじ2

スペアリブの下準備は豪快に済ませてしまいましょう!

img_9676
食べやすいサイズにしたスペアリブに味付けの材料をバシバシ入れて行きます。

img_9677
香り付けのニンニクも豪快に(笑)

全部入れてよくかき混ぜて後、味が馴染む様にラップをして冷蔵庫に1時間程度寝かせます。

ちなみに五香粉というのは、あまり日本では利用されていないかもしれませんが、大きめなスーパーで購入することが出来ると思います。

我家の近くのスーパーにも売っていましたので大丈夫だと思いますが、日本のレシピを見るとカレー粉を入れたりする様ですが、やっぱりここは本場の味にこだわりたいと思いますっ!
我家は嫁がいつ購入していたのか知りませんが、しっかり台湾から持ってきていました(笑)

いよいよスペアリブを美味しく揚げていきますよ

1時間程寝かしておいたスペアリブに地瓜粉を付けて、170℃の油で揚げていきます。

img_9681
img_9684
img_9685
こんがりとキツネ色になる程度まで揚げてきます。

ここまでなら、単なるスペアリブのフライ麺?になってしまうので、ここからもう一手間かけます。

実はこの手間が美味しいスープの元になるので、是非やってみてくださいね。

排骨麺、黄金のスープの作り方

揚げたてのスペアリブを器に移し、沸かしておいた湯900ccを注ぎ蒸し器に投入します。

img_9687
嫁の横で見ていた私はスペアリブの揚げたての香りで空腹感のピークになりつつもガマンをしながら、ただ写真を取っていました(笑)

中火〜弱火にて約50分〜60分程度蒸して行きます。→これが長い。。。(涙)

でも、この時間がとても大事でスペアリブから旨味成分が出てきて美味しいスープが出来るんです。

待ちに待ったスープが出来上がりました!

img_9690
ここまで来ればもうゴールもすぐです。

もやしとニラをサクッと茹でて食べるのが美味しい

お好みの麺(太麺がお薦めです)を茹で始めるのと同時に、ニラともやしも茹で始めます。

あまり茹ですぎると食感が失われてしまうので、早めに上げるのが私はお薦めです。

油葱酥(油で葱を揚げたもの)を入れたり、黒酢をいれたりするのもお薦めです。

日本でも入手できますので入れてみてください。

img_9701
作り始めから約2時間ぐらいかかりましたが、私の大好きな清水排骨麺を思いださせてくれました(笑)

嫁はそんな郷愁にも似た感情に浸っている私がいる一方で、旨い!と自画自賛しているだけでした。。。

実際に台湾で大好きな排骨麺店へ訪れた時の記事はこちら

台中 豊原廟東へB級グルメと慈済宮観光の旅

2014.10.12

台中の老舗排骨麺店、一度食べたらクセになる新豊源排骨麵

2014.09.15

今回は排骨麺の自宅レシピでした!

また台湾料理レシピはご紹介したいと思います。



それではこのあたりで。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile