台湾に初めて行くなら知らないと危ない交通事情

スポンサーリンク


年々海外旅行先として人気高くなり、毎年多くの人が訪れる台湾。

しかも一度だけでなく、近距離にあるというのもあってか年に数回も訪れるという人も多いのが台湾旅行者の特徴かなと思っています。

何度も訪れると、やはり”慣れ”も出てきて、その”慣れ”が色々あ事故につながったりするのも事実かと思います。私自身は台湾では、ほほ毎日車に乗ってはいたものの、奇跡?的に事故に会ったことはありませんが、軽微なものも含めて事故現場に遭遇することは毎日の様にありました。

今回はそんな台湾の交通事情をご紹介したいと思います。

DSC_2833

台湾で一番多い事故はスクーターと車の接触事故

台湾内でもニュース番組内で事故の情報が毎日の様に流れていました。

実際、当時私が住んでいたマンション前には信号が無い交差点があり、日中は良いものですが夕刻や夜になると週に数度は事故が発生していた時期があります。

その交差点にはその後、信号が設置されて事故があまり起きなくなりましたが。。。

せっかくの楽しい旅行ですから、ちょっとした交通事情を知っておくだけで事故にある確率も下がりますので、初めての台湾旅行を計画している方はちょっと覚えておくと事故に遭う可能性少なくなると思います。

右側通行の台湾。これって意外ととっさに反応できないんです。。。

 日本の交通ルールの基本は左側通行です。台湾は逆の右側になります。
このルールの違いが意外とちょっとしたところで困ることがあります。
また少しでも前に、少しでも早くというような傾向が強いのでトロトロしてたり、信号が変わって少しでもスタートが遅いとクラクションがなります(苦笑)
では歩行時と運転時に分けてご紹介しますね。


徒歩時の注意点

人と人とすれ違う時

日本だと左に避けるケースが多いと思いますが、右に避けると相手も右側に避けるので、あれっという感じになります。この場合はその時の相手と自分の位置関係によっても左に避けることもあるので、問題はあまり起きません。

道路を横断する時

幼い頃、横断歩道を渡る時は右→左→右と確認しましょうと習ったのですが、これも反対にして、確認する必要があります。
最初に右みて車が来ていないと思って渡ると、とっても危険です。

日本は人優先、台湾は車優先!?


日本では当たり前のように交差点や道路の横断時は人優先が基本になっていると感じますが、台湾では全く逆だと考えていた方が良いでしょう。

車やバイクが止まってくれるだろうと思っていると事故に遭遇する可能性が高いです。車やバイクが来たら人が立ち止まることのほうが圧倒的に多いです。

青信号でも左右を確認が必要


地域にもよりますが、感覚的に赤信号でも無視して走ってくる車やバイクが日本に比べても多いと思います。特に、信号の変わってすぐのタイミングはバイクや車が猛スピードで走ってくることも多々ありますので、よく確認してから動きましょう

DSC_2957

運転時の注意点

右側通行、この感覚はすぐには変更ができない

普段左側通行に慣れているドライバーには、運転開始すると少し戸惑います。

戸惑っている間は注意しているので良いのですが、少し慣れてきたり、疲れている時は注意が散漫になるので気をつけましょう。私も最初はウインカーのはずがワイパーが動いてしまったりなんてことはしょっちゅうでした…

右折時は特に注意が必要です!巻き込み注意

スクーターがとても多い台湾では、人よりもスクーターに注意が必要です。特に朝晩の通勤時間帯はスクーターを利用している人たちがとても多いです。


右折時は信号のかなり手前からウインカーで意識表示をしましょう。右折時にもかなりスピードを落として、目視確認が必要です。

列の割り込みは勇気とタイミング


渋滞時のラインの変更や割り込みなど、何らかの理由でその列に割り込まないといけないケースが出てくるかと思います。

 こんな時、日本の感覚だと待っていれば、優しく間に入れさせてくれる事が多いですが、台湾では中々入れてもらえないばかりか、車と車の距離を詰められて絶対に入れないよ!的な意思表示とも思われるケースがあります。

降車時、ドアを開ける時は後ろからのスクーターに気をつける


タクシーからの降車時も同じですが、ドアを開ける時は必ず目視で後方確認をしましょう。スクーターが狭い隙間を縫って走ってくることもあります。

台湾のタクシーでは自分で右側のドアを開けるのが通常ですが、レンタカーなどを借りた場合は左側も開けると思うので両サイドで気をつける必要があります。

いずれも当たり前のことばかりですが、日本と違ったルールや習慣がありますので、楽しい旅行先で事故に合わないよう気をつけましょう。

DSC_2598

まとめ

現地の人さえ台湾の交通マナーに対して不満を唱える人が多いのが現状です。特に私が住んでいた台中は台北の様に地下鉄もなく、生活の基本はバイクか車となるので殊更事故が多くなります。

十分気をつけていれば事故に合うこともありませんが、ちょっとボーッと歩いていたり、酔っ払って千鳥足で歩くなどは危険なので気をつけてくださいね。

台湾から戻り日本で生活を始めて、日本の車って人に優しい〜!なんて思ったりしていたので、台湾での交通事情をご紹介いたしました。

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile