大人の台湾旅行、飛行機と空港の選び方

スポンサーリンク

台湾に住みながら仕事とプライベートで日本に月に最低一度は往復していた当時の経験を元に、台湾の玄関口である桃園空港と松山空港、そして日本の成田空港、羽田空港についてまてめてみました。

台湾は近いということもあり、学生から高齢者の方まで本当に幅広い年代の人が海外旅行先として選択する場所の一つになっています。

特に初めての海外旅行に台湾を選ぶ方も多いので、海外旅行が初めてや台湾に来るのは初めてという方にもオススメの記事です。

色々なサイトではLLC(格安航空券)や、できるだけコストを下げるにはどうしたら良いかという記事が多いので、今回は贅沢をするわけでは無いけれど、せっかくの旅行なのだから少しだけ優雅にそして楽に移動できる方法を中心にまとめたいと思います。

羽田と成田から台湾に行く

まずは基本情報です。皆さん羽田空港と成田空港があるのはもちろんご存知かと思いますが、台湾にはこの羽田と成田両方の空港からアクセスできるのはご存じですか。

まずは地図で確認してみます。

台湾地図
Map

この2つの空港が日本から到着するメインの空港となります。(一部高雄に離発着する便もありますが、ここでは割愛しますね)

桃園空港

正式名称は台湾桃園国際空港です。地図をみれば台北市の隣、桃園市にあるのがわかります。ここが台湾最大の国際空港でありチャイナエアーとエバー航空のハブ空港になっています。日本からは羽田・成田からの他、札幌、函館、旭川、仙台、富山、名古屋、小松、静岡、大阪、広島、高松、福岡、宮崎、鹿児島、沖縄・那覇など、日本の多くの空港から利用できます。

松山空港

正式名称は台北松山空港となりますが。地図の通り台北市内にあり、台北の繁華街や有名なホテルまでタクシーで15分〜20分程度でアクセス可能な位置にありとても便利な空港です。

この2つの空港は多くの人が訪れる台北観光場所に近い台湾の北部に位置にあります。なぜ2つの空港があるのか?

イメージしやすいのは成田空港と羽田空港の関係とよく似ています。成田空港は国際線の玄関口ですが羽田空港は国内線がメインですよね。もちろん最近徐々に羽田空港も国際線の便が増えてきていて、成田まで行かなくても国際線利用できるようになって羽田周辺に住んでいる人にとってはとても便利です。

桃園空港も成田空港と同じような位置づけで、台湾の玄関口である国際空港となります。それに対して松山空港は羽田空港と同じように国内線がメインの空港となります。

桃園空港と松山空港から台北市内へのアクセス方法

松山空港は国内線がメインで台北市内にあり、イメージでは福岡空港に近いと思います。空港が台北市内にあるので、市内中心に宿泊していれば松山空港までは本当に目と鼻の先となります。

空港から市内まではMRT(都市鉄道)などを利用すれば安い値段で移動できますが、スーツケースなどを持っての移動は面倒です。

それよりは、タクシーを利用しても日本円にして1000円程度で台北市内の主なホテルにはアクセス可能ですので、ここはタクシーで空港からホテルに直行する方がオススメです。

少しでも早くホテルに向かって一息するか、荷物をホテルに預けて観光に行った方が時間を効率的に使えます。タクシーの他にもUberを利用するのも一つの方法です。Uberってなに?という方はこちらの記事をどうぞ。利用方法とお得なクーポンについて説明しています。

それに対して桃園空港は少し離れたところにあります。台湾の南北を一本で結ぶ台湾新幹線は台北から始まり、終点駅のある高雄の左営までを結んでいますが、桃園は台北の新幹線の駅から10分程度です。

その他タクシーやバスを利用していて台北市内にアクセスする事が可能です。タクシーですと1500元前後で所要時間40分〜60分程度(渋滞状況によって変わってきます)です。

台湾でのタクシーは日本に比べて料金も安いので効率よく移動する手段で最も多く利用する交通手段だと思いますので、こちらの記事も参考になると思いますのでどうぞ。


桃園空港から桃園の新幹線駅までは車で20分程度はかかりますので、桃園空港から桃園駅を経由して新幹線で台北駅、その後バス・タクシーという方法になるケースも多いかと思いますので、桃園空港から台北市内にアクセスするのであれば、ちょっと高いですがタクシーやUber、もしくは送迎サービスを利用するという方法もあります。

私は日本から台湾に初めて来るというお客さんを迎えに行けない時に送迎サービスをよく利用していました。日本だと政治家か偉い人でないと使えないイメージがありますが、台湾ではビジネスシーンでは多く利用されています。利用料金や予約可能か知りたい方はエクスペディアでも確認できます。

免税店・ショッピングがしたいという方にオススメの空港は?

買い物やお店を見て回るのも旅の一つの楽しみ方ですよね。家族や友人、同僚から頼まれた免税品やお土産など沢山買わないといけない人も多いかと思います。

こういった場合は絶対的に桃園空港がオススメです。桃園空港の発着便であれば、日本ではほぼ成田の発着便となります。

ご存知の通り、成田空港も大きな空港ですので沢山の免税ショップもありますし、見て回るだけでも結構時間がかかります。同じように桃園空港もとても大きな空港です。第一ターミナルと第二ターミナルに分かれていてその間はシャトルが走っているくらい広い空港です。免税店だけでなくレストランや様々なサービスが提供されているのも特徴です。

桃園空港での免税店についてはこちらの記事にまとめていますので参考にしてください。


台湾に行く前に成田でお買い物♪

日本に帰る前に桃園空港でお買い物♪

そして最近さらに桃園空港を利用する人、厳密には新幹線の桃園駅を利用する人になりますがオススメの情報があります!

つい先日桃園駅近くにGloria Outlets(華泰名品城)というアウトレットモールがオープンし、多くのお店が出展しています。

スクリーンショット 2016-03-14 10.15.51
アクセス方法:新幹線駅桃園から徒歩で二分!

日本帰国時、少し早くホテルを出発してこちらに足を運んで買い物をしてから桃園空港へ向かうというプランもいかがでしょうか。

GloriaOutlets official websiteより

GloriaOutlets official websiteより(https://www.gloriaoutlets.com/jp/commercial


お店のマップもこちらにありますので参考にしてください。

最近は日本の三井アウトレットも台北市内から車で30分、桃園空港からは20分の林口というところにオープンしました。

台湾内では連日大繁盛というニュースが流れていて、今後は色々なところにアウトレットが進出していくのではと思います。2016年9月30日まではお得なクーポンもホームページからダウンロード出来るようになっているので、もしこちらに行くときはせっかくなのでクーポンをダウンロードして持って行きましょう。


http://www.31op.com/special/linkou/pdf/coupon.pdf

http://www.31op.com/special/linkou/pdf/coupon.pdf


クーポンのダウンロードは画像をクリックしてください。

こちらにはまだ行ったことが無いので、もし行かれた方は是非情報をご提供ください!

まとめ(メリット・デメリット)

松山空港

メリット

羽田空港からアクセスでき、台北市内(ホテル・新幹線駅など)に近いという点で桃園空港には無いメリットがあります。効率的に台北市内もしくは台北を起点に移動することを予定している方は、松山空港を選んだほうが良いでしょう。特に仕事で台湾に来るときは松山空港を利用したほうが移動が少なくて時間も有効活用できると思います。

デメリット

買い物を楽しみにしている方は桃園空港と比べてしまうとかなり見劣りしてしまいます。最低限のお店はありますが、大きな期待はできないでしょう。それから松山空港到着となると必然的に羽田空港利用が前提になってくるかと思いますが、利用便が少ないこともあって成田利用便よりもフライトチケットが高い傾向にあります。もし松山空港を利用する方は少しでも早くチケットを予約した方が値段も安く住みます。

桃園空港

メリット

買い物を楽しみたい方や、少しでも安い航空チケット・移動手段の選択が多いのは桃園空港を利用するメリットと言えるでしょう。LLCなどの格安航空を利用時も成田空港が多いです。

とくにLLCなどは搭乗時間が早いケースが多いので空港内の施設が整っていたほうが便利ですので玄関空港である桃園空港を利用した方がよいでしょう。

特にアウトレットのオープンなどもあり桃園空港を利用する方にとって観光だけでなくショッピングの楽しみが増えたと思います。

デメリット

台湾の空の玄関である桃園空港ですので、世界各地から到着した大勢の人たちが集まる空港です。

時間帯によってはチェックインのみならず入出国手続きなどで混雑することも多く、想定外に時間がかかるケースも多いです。時間に余裕を持って空港に行ったほうが良いでしょう。

空港内もとても広いので、搭乗時間ギリギリの人がよく走っているのを見かけます。また桃園空港周辺にはホテルがあまり無く、台北市内からも多少時間がかかりますので、早朝便や深夜便は空港近くのホテルは早めに予約を済ませた方が良いです。

私がよく利用するのはノボテル台北桃園国際空港です。空港からも近く雰囲気も良いのでよく利用しています。→NOVOTELのホテル予約

それでは台湾旅行を楽しんでくださいね。

今回はかなり長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile