台湾の天気(気候と気温)と服装についてのまとめ

スポンサーリンク

台湾へ旅行だったり、ビジネスで行くときの服装って意外と迷う方が多いんです。
仕事柄、日本から初めて台湾に来るお客さんから聞かれる質問の一つがやはり服装です。

今回は、台湾の気温や湿度と服装について記事にしてみました。

台湾は年間通して暑いんじゃないの?

台湾はご存知の通り沖縄よりも南。石垣島とは目と鼻の先。
イメージでは南国のイメージとなりますが、冬は雪が降る事は滅多にありませんがコートが必要なくらい寒い日があります。

また台湾は南北に長いので北に位置する台北と南にある台南とは、数℃も違うことが多いんです。

実際に平均温度を表にしてみたのがこちら。

スクリーンショット 2016-02-28 0.20.30
東京都、那覇、台北、台中、台南を比べてみました。

やはり東京は冬から春にかけて、秋から冬にかけての平均温度はその他の都市とかなり違うのがグラフから簡単にわかりますよね。

ちなみに台湾は年間通じて10℃以下になることは稀で、先日の大寒波で台湾の一部で雪が降りましたが、実に100年ぶりと言われるほど東京に比べると暖かい事がわかります。

なので東京の冬と比べた場合台湾は圧倒的に暖かいのですが、とはいっても実際に住んでいると台湾の冬というのは実は想像以上に寒かったりします。別の記事でも書いているのでどうぞ。

とはいえグラフからわかるように年間通して寒暖の差が東京と比べてもあまりなく、全体的に暖かいので過ごしやすいと言えるかもしれません。

洋服は放っておくと真っ白になる程湿度が高い台湾

我家では一年中除湿機を使っていました。というのも年間通して湿度が高くて、冬場でも除湿機が止まる事はありません。台湾のデパートでは冬場でもエアコン(クーラー)を利用していることが多いのですが、理由は湿度対策です。

実際にグラフを見てみると、湿度の高さがよく分かるかと思います。特に台北は台中や台南と比べても湿度が高いことがわかります。

スクリーンショット 2016-02-28 0.20.55
また、台湾は台風の通り道としても有名で毎年複数の台風が台湾を通過し大きな被害が出ることがあります。日本ではあまり考えられませんが、台風が来るときは政府が事前に公共機関や学校の休みを発表することもしばしばあります。

台北は台風の通り道になることが多い

台湾は南北に長い楕円形の様な形になっていて、中央に3000Mを越すような山脈があるので太平洋側で発生した台風はこの山脈のおかげで台湾の北側を通るか、もしくは南側にそれることが多い傾向があります。

そのため中央に位置する台中は台北や台南・高雄に比べて台風の影響が少なく、また気候も温暖な為人気がある都市となっています。

台湾の台風は一般的に7月から9月の間に来ることが多いので、夏場に台湾に来るときには台風の事も気にしないと行けないですね。

台湾のベストシーズンはいつなのか?

夏は台風や湿度も高いですし、当然暑いので私はあまりお薦めしません。冬は観光に来る方のほとんどが台北などが多いことを考えると、この時期はどんよりと曇ったひが多く、また中国からの北風で風邪が冷たい日も多いのでお薦め出来ません。

台湾の梅雨は5月半ばから後半に始まることが多いので、春先から梅雨に入る3月から5月の後半か、個人的には10月が最も気候が安定していてお薦めする時期になります。

台湾の南端にあるリゾートで有名な墾丁であれば、海水浴も十分可能ですし台湾の人も墾丁には10月に行くのがお薦めという人が多いです。


台湾での服装について

冬(12月〜2月)

この時期は台湾では最も温度が下がる時期です。台湾の訪れる都市によっても準備するものが変わってきますが、旅行であれば通常のコートは必要です。

特に台北などの北部都市に行く場合はコートは必須といえます。台中や台南では日中は日が出ていれば暖かい事も多くてコートは要らない日もありますが、朝晩は少し冷えたりしますので夜市などに行くことも考えて、軽めのコートやカバンに入れていつでも着ることができるような上着を持って行くと良いと思います。

特にデパートは湿度対策でクーラーが入っていることが多いので、外よりも寒いことがあります(苦笑)そんな時の為にも薄手の羽織るものはあった方が良いと思います。

春(3月〜5月中)

気候もだいぶ暖かくなってきてコートが要らない日も出てきますが、雨が降ったりすると少し寒いこともあります。特に北部の九份などに観光に行く予定がある場合は必ず持って行ったほうが良いです。台北市内は暖かくとも九份は標高の高いところに位置していますので、夕刻近くになってくるとかなり肌寒く感じると思います。

またこの時期に限ったことではありませんが、台湾では一年中蚊がいるということも覚えておいてください。日本だと夏場のイメージがありますが、台湾では冬の時期でも夏ほどでは有りませんが蚊がいます。

特に暖かくなればなるほど多くなりますので、長袖のシャツなども持って行き蚊対策として利用するのも良いかもしれません。

夏(7月〜9月)

一番暑い時期でもありますし、台風が最も通過する時期でもあるこの季節。日本と同じようにゲリラ豪雨に装具することもあります。突然の雨で濡れてしまったり、汗をびっしょりになることもあるので、子連れで遊びに来る方は着替えも持って行くとよいでしょう。

またデパートなどの大型施設内は異常なくらい冷房が効いていることが多いです。なので少し羽織るものがあったほうが良いです。私もこの時期のデパートの空調のおかげで毎年体調を崩してしまいました。

秋(10月〜11月)

私が一番お薦めする季節。台風もあまり来ないこの時期は、まだ夏の暑さが残る日も多いです。また当然ですが蚊の対策が必要な時期です。気候が快適なので、屋台やローカルのお店のテラス席でコーヒーや食事をとっていると必ずといって蚊に攻撃されるので注意してくださいね(苦笑)

まとめ

台北は高湿度でかつ冬場は曇りがちで雨が多いですので、冬に北部へ行くのはあまりお薦めしません。冬であれば南の方へ行ってのんびりと過ごすのもお薦めの台湾の楽しみ方だと思います。

逆に夏場は南部は日差しも強いですし、気温も高いので観光するには少し大変だと思います。むしろ夏場であれば標高の高い観光名所で避暑を楽しんだりするのがお薦めです。

時期に関わらず蚊は飛んでいるので、蚊にさされやすい人は防虫グッズや長袖などで対応策の準備が必要だと思います。私も蚊にさされやすい体質なのか、年中蚊には悩まされていました。

また暖かい時期や暑い時期でも、デパートなどはとっても寒いので簡単な上着を一つ持って行っておくと重宝すると思いますよ。

 

それでは今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile