GIANT台中旗艦店訪問レポート

スポンサーリンク

自転車が好きな人には台湾はとっても有名なところ。

車体から部品に至るまで世界有名ブランドのOEM供給地です。

その中でも有名なジャイアント(台湾語名:捷安特)です。

ジャイアントの歴史

元々ウナギの養殖業をしていたオーナーが自然災害で経営困難に陥り、再起をかけて手がけたビジネスが自転車部品の製造でした。数々の有名ブランドOEM供給でノウハウを蓄積して大きくなったのが今のジャイアントです。パナソニックの電動自転車の開発などにも携わっているそうですよ。

そのジャイアントの本社があるのは実は台中なんですよ。

台中の中でも大甲というところにあり、高美湿地の比較的側にあります。

今回は、そんなGIANTの台中のお店に実際に行ってきました~♪

GIANT旗艦店

捷安特 台中旗艦店

台中市西屯區河南路二段117號1.2樓
TEL : 04-23159436
MAIL : giant.d21140@msa.hinet.net

IMG_3278_edited

河南路の脇にありました、GIANTの文字が!

早速中へ入ると数名のスタッフが中にいて、若い女性が対応してくれることになりました♪

本当は中の写真を撮りたかったのですがあ、撮影は禁止となっていたので、残念ながら内部の写真はありません。

なぜ、このお店を選んだかというと、やはり台湾国内に三店舗しかない旗艦店(台北・台中・高雄)であり、GIANTのメインショップだからです。

中には、バイクだけでなく、ウエアやアクセサリー類も多く展示・販売されておりGIANTファンにはたまらない空間だと思います。

実は台湾国内には300店舗を超えるGIANTを取り扱うサイクルショップはあるようですが、やはりせっかく台湾に来たのであれば旗艦店に足を運んでみることをおススメします。

お店では日本語は残念ながら対応できる人はいないとのことですが、英語であればある程度問題ないレベルでした。

色々と相談をしてきたのですが、そこで気が付いた点としては、
  • 購入時依頼をすれば梱包をしてくれ、日本に持ち帰ることができる状態にしてくれる
  • TAX Refoundの書類も対応可能
  • クレジットカードもOK
  • できれば、台湾に来る前にコンタクトをとり希望の車種の在庫を確認
  • 二週間程度滞在するのであれば、現地にて希望のバイク、サイズをオーダーして持ち帰ることが可能(保証はできませんが。。。)
  • 台湾と日本でリリースされているラインナップ・仕様が少しづつ違うので、GIANTのHPにて事前に確認する。
  • メーカーの製品保証は台湾で購入したものに関しては、日本では適応されない。
と、こんな感じでしょうか。

ただ、色々と面倒だと感じるかもしれませんが、もしGIANTを日本で購入しようと考えているのであれば、

その金額で台湾旅行+本場台湾仕様のGIANTが手に入るかもしれませんよ♪

というのも、ちょっと下の価格をみてください。

TCR SLR2 2015 Model

無題の画像 
出展GIANT HP

日本価格⇒170000円

台湾価格⇒39800元

現在のレート3.4で計算すると約135400円ですので約35000円も安くなります!

今日本国内の激安ツアーで台湾は29800円などで販売されているようなので、贅沢をしなければ本当に台湾旅行と、本場使用GIANTが手に入っちゃうかもしれませんね(笑)

捷安特 台中女性旗艦店

台中市西屯區永安里西屯路三段166-81號
TEL : 04-24615873
MAIL : giant.d21131@msa.hinet.net

台中旗艦店からは車で20分程度かと思いますので、タクシーでも十分いける距離ですね。

このお店はお店の名前の通り女性用自転車を専門的に扱うお店で、ここの同じく台湾に3店舗しかありません!

ご存知の方が多いかと思いますが、GIANTには女性用モデルとしてリブ/ジャイアントを展開しています。

日本にも大阪と東京の二子玉川にLiveがありますので、女性の方でジャイアントを検討している方は是非覗いてみてはどうでしょうか。

さて、台湾のLive台中店は、東海大学(日本の東海大学とは関係はありませんが。。。)の近くにあり、色々なレストランやショップが立ち並ぶ大通りに面したところにあります。

写真 3

最初はGIANTの文字を目印に探していたのですが、みつからずウロウロとしていたら

Liv

と書いてあるじゃないですか(汗)

イメージと全く違うので、ちょっとびっくりしちゃしまいました。

店内も、女性のお客さんを意識した明るく綺麗なつくりとなっていて、女性の店員さんも当然いました♪

写真 2

もちろん、写真にもある通り自転車だけでなくウエア類やアクセサリーも数多く展示販売されていました。

ここの店員さんも、英語での対応は可能でしたので中国が苦手という方は英語であれば問題ないと思います。

先に足を運んだ旗艦店と同様、持ち帰り用の包装、Tax Refund、クレジットカードなど条件は一緒でしたので、日本から購入しにくるのであれば、是非ここを覗いてみてください。

そういえば、何と女子ロードレースの世界チャンピオンで、ロンドン五輪覇者でもあるマリアンヌ・フォスとの共同開発で世界初の女性向けエアロロードバイク「エンヴィ」をチューンしたモデルだそうです。

しかも世界100台限定のスペシャルモデルが展示されてました~♪

写真 1

日本定価は100万円!

台湾でも

288000元⇒約980000円

台湾にはお膝元にも関わらず、100台中10台しかなく、その内の最後の一台だそうですよ!

自転車を購入して日本へ持って帰ることが出来るのか??

せっかく安く購入できたのに輸送したらそのコストメリットが無くなってしまうので、持って帰りたい!なんて人も多いかと思います。

この点が気になる方が多いかと思ったので、直接スタッフに確認してみました。

購入→日本へ手荷物で持って帰る→OK!

ただ、注意点として在庫があるかどうかの問題があり、気に入ったモデルがすぐに手に入るかどうかは別問題のようです。

7日〜10日程度必要になるケースもあるので、事前にお店に確認をして用意してもらってから台湾に来る方が無難の様です。

それから、もう一つ台湾は左レバーが前ブレーキ、右レバーが後ろブレーキが普通となっていて、日本とは逆になっています。

ですので、購入する際にはお店の方に変更をお願いすることをおススメいたします。

今回ご紹介した店舗はもちろん対応可能との事でしたので、購入する際は忘れずにお願いしてくださいね。

もちろん、日本でも最悪自分でやるか、お店に持ち込んで変更することも可能だそうです。

気になる値引きですうが、今回は値段の交渉は特にしなかったのでわからないですが、GIANTのスタッフ曰く、他の店舗でも同じ値段だということでした。

でも、私はきっと違うのでは~と思っているので、この辺りはまたリサーチしてみますね。

それでは、今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile