午後には閉店!ローカルに大人気の米粉・炒麺店、大眾味小吃に行ってみました

スポンサーリンク

台中で米粉、炒麺で有名なお店のひとつ。

しかも午後には閉店してしまうというお店があります。

今回はこの大眾味小吃の米粉・炒麺を食べに行ってきたので紹介しますね。

完全な台湾ローカル人の集まる店、大眾味小吃

IMG_1546
店内に入るとほぼ満席状態で、お店のおばちゃんやおじちゃんの威勢のいい会話が飛び交う中かろうじて席を確保できました。

IMG_1545
決して日本のレストランの様な内装も清潔感も全くありませんが、やはり人気店とあって店内にはひっきりなしにお客さんの出入りがありました。

そもそも、このお店の看板メニューである米粉ってなに?という方のために簡単に説明しますと。。。

米粉:いわゆる日本でいうビーフンで米を主原料とした麺状になったもの。

中国南部の福建省周辺が発祥であり、漢字では米粉と表記する。日本語のビーフンはミンナン語や台湾語の発音「ビーフン (bí-hún)」に由来する外来語である。東アジアの華中以南は米作地帯であり、それらの地域では小麦の生産量が少ない。そのため、小麦粉の「」(ミエン)ではなく、ライスヌードルを意味する「」(フェン)が日常的に食べられており、種類も多い。一般的にビーフンは乾燥させた状態で流通、販売されるが、産地では乾燥前の販売もある。引用元:Wikipedia

わざわざWikipediaまで引っ張ってくる必要がないんじゃ?とも思いましたが、参考までに掲載しておきます。

これが大人気の米粉湯!

お店に座って周りを見渡せば、ほとんどの人がオーダーしているこな米粉湯。ちなみに米粉湯の湯はスープの意味です。シンプルな味付けにで個人的には塩気がちょっと足りないと感じますが、慣れてくるとスープの飲むスプーンが不思議と止まらなくなります。

IMG_1537
米粉は台湾だと日本で食べるビーフンに比べて形も豊富だし、日常的に食べるもの。今回の米粉は真っ直ぐな細い米粉ですが、平らなものなど形状は色々あって食感もそれぞれなので楽します。台湾のお土産に米粉を買うというのもいいかもしれませんね。軽くて安いですよ。

IMG_1540

癖になりそうな台湾風炒麺

台湾の炒麺というと、少しずつお店によって味付けも違うので、日本でいうところの焼きそばの感覚に近いのかもしれませんね。野菜や魚介が入っているものもあれば、このお店の様なシンプルなものまで色々あります。

IMG_1541
台湾での生活も慣れてくると、いつものお店に通っていても少し味付けに変化が欲しくなってきます。

そんな時によく使うのが、必ずテーブルやお店に用意されている色々なソースを少し足したりします。

たとえば、今回お店にあったもので使ったのは辣椒醬という少し辛いソース。

こちらをこんな感じでかけて食べます。

IMG_1542
写真だとトマトケチャップに見えますが(汗)、実際はすこしトロッとした甘辛いようなソースです。

これをお好みでかけて食べると、また違った味を楽しむことができます。

副菜も忘れずに!

台湾のローカル店に来ると必ずある副菜。

茹でた野菜や写真の様な卵、豆腐などの伝統的な品もお薦めです。

大抵お店に入ったすぐのところなどに鍋やお皿が置いてあるので、見ながら好きなものをオーダーする事ができます。

IMG_1544
合わせて白飯が食べたくなるのですが、そこはガマンガマン。。。

IMG_1539
この日は嫁と二人で食べて150元程度。この金額のおかげで、ついつい食べ過ぎてしまうのが悩みの種です(苦笑)

店舗情報

お店の営業時間は朝6:00〜13:00まで!

そうなんです、ランチタイムも早々に切り上げてお店が閉まってしまうので、早めに行くことをお薦めします。もちろんランチタイムは混雑するので10時ごろから行ってしまうのも良いかもしれませんね。

お店は少しわかりにくいところにありますが、Google Mapsで台中グルメマップ作っているので参考にしてください。

店舗:大眾味小吃
住所:台中市西區模範街20-1號
営業時間:6:00-13:00 日曜定休

それでは今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile