台中でレンタル自転車(YouBike)に乗ってみた正直な感想

スポンサーリンク

我家の普段の移動手段は、徒歩もしくは車(自家用車、タクシー、バス)が基本で、スクーターは持っていません。

なので、自然な流れですが運動不足がちな毎日です(苦笑)

YouBikeを見つけて乗ってみよう

たまたま台中の3Cエリア(3Cとは携帯やPCなどを売っているお店が沢山あるエリアで、誠品の近くです)に用事があったのですが、車をメンテナンスに出しているのもあって行きはバスで向かい、用事を済ませてさて帰ろうかと嫁と歩いていると、ふと黄色い自転車が沢山並んでいるのを目にしました。

IMG_1031
これが最近街中でよく見かける公共レンタル自転車のUBikeです。

ネーミングもUbikeだったり、Youbike, iBike,などなど色々ありますが、周りの人はUbikeって言う人が多いように感じます。

台中市近郊のYouBike設置場所と利用状況はリアルタイムで確認出来ますので、YouBikeを探すときにはこのサイトを見ると良いと思います。

YouBike設置場所→台中市オフィシャルYouBikeサイトへ

サイトみると、色々な情報が乗っていますが現在中国語と英語のみの対応ですが、大体のことは理解できるかと思います。

台中市内には現在約1600台、60箇所以上のUbikeステーション(設置場所)があり市街地をほぼ網羅しているといってもいいでしょう。

Ubikeの費用とレンタルする際に必要な条件と登録方法

費用がとても安いのも嬉しいポイントの一つです。

しかも借りた場所に返さず、違うステーションに返すことが可能なところが便利なところだと思います。

費用は驚くほど安い!

会員登録(悠遊カード、一卡通、臺灣通にて)した場合の費用は下記の通りです。
会員登録 悠遊カード、一卡通、臺灣通
費用 使用前30分鐘免費(30分以内:無料)
4小時內每30分鐘10元(4時間以内:30分ごとに10元)
4小時~8小時內每30分鐘20元(4時間〜8時間以内:30分ごとに20元)
超過8小時以上每30分鐘40元(8時間以上:30分ごとに40元)
悠遊カードは自転車を借りる際に必要なだけでなく、コンビニ、スーパー、MRT、バスなど様々な所で使用できるので台湾旅行には絶対便利なツールなのでオススメです。日本のSUICAと同じようなICカード(悠遊カード)と台湾で使用できる携帯電話(会員登録する時にSMSを受信する必要があります)さえ用意すれば誰でも借りることが可能です。

台湾旅行の必須ツール、悠遊カード(Easy card)を使い倒す!

2015.12.16

台湾の携帯電話はプリペイドのタイプでもOKですし、日本でもSIMフリーが普及し始めているようなので、より便利になりそうですね。

Ubikeレンタルには悠遊カードだけでなく、クレジットカードでも可能ですがここでは悠遊カードを利用してのレンタルについて書いていきます。

 

Ubikeの会員登録はKIOSKを探す!?

黄色カラーが目印のUbikeを見つけたら、次は借りる手続きです。

借り方は至って簡単。5分もかからない手続きをUbikeのステーションの側にあるKIOSKで行います。

IMG_1033
Kioskと書かれた自動登録機が必ずレンタルステーションにはありますので、画面に従って登録をしていきます。中国語と英語表記だけですが、それほど難しくはありません。

登録方法などはTAIPEINAVIさんのサイトに丁寧に書かれているので参考にするといいですよ。

登録完了すれば2−3分で借りることが出来るようになります。

IMG_1035
自転車は微妙にサイズが違ったり、サドルの高さが違うものがあるので自転車を決める前によく確認しましょう。ブレーキやパンクなど壊れていない車体をまずは見つけましょう。(ほとんど問題ないかと思いますが。。。)

IMG_1029
車体が決まればいざ出発です。

IMG_1038
 

Ubikeの乗り心地と市内サイクリングを終えて感じたこと

  • 自転車には変速ギア、買い物カゴ、柔らかいサドル・・・車体はGIANT製で快適

公共のレンタル自転車とはいえ、しっかりと作られた自転車。台湾を代表するGIANT製の車体に変速ギアまで標準装備。さほど大きな籠ではないけどちょっとした物を入れることができます。

途中寄り道した場所で必要となる、自転車盗難防止用チェーンまでしっかり付属している事を考えれば、安っぽさは全く感じられないし、自転車を運転していても乗りやすいので市内観光を自転車で回るには快適だと思いました。


  • でも大通りをUbikeで走るのはちょっと怖い

今回利用した道路が台中の主要道路(中港路)という理由があるものの、大通りをUbikeで走るにはちょっと怖かったです。というのも台湾ではスクーターがとても多いので道路脇を走るとスクーターに混じりながらサイクリングすることになります。

歩道もありますが歩道にはかなりの段差があったり、障害物があったりして中々スムースに自転車を走らせることが出来ません。

ちなみに大通りで信号待ちの場合はこんなイメージになります。

 IMG_1045


  • しかも排気ガスにまみれて走るので、爽快にサイクリング・・・とは程遠い(苦笑)

大通りなのであたり前ではありますが、日本よりも圧倒的に排気ガスの匂いが気になるのは間違いありません。朝夕の通勤時間帯の信号待ちでは数十台のスクーターの中に埋もれることもあります。


  • 総合的に考えれば、コストを掛けず効率的に市内を回るのであれば有効な手段

市内至る所にステーションもあり、安くて利用しやすいのがUbike。車だと駐車場を探したりするのに苦労したり、駐車場代費用も馬鹿になりません。バスやタクシーだとちょっと近すぎるとか、バスを探すのに苦労する。。。というような悩みを解決してくれるのがUbikeだと思います。

特に市内近郊の観光スポットなどにも気軽にUbikeで訪れるなんていうのもいいかもしれませんね。

でも自転車の運転には十分注意してくださいね。日本とは違い台湾では自動車やスクーターの運転が少々荒い方多いので。。。(苦笑)

IMG_1072

ちなみに子供用の自転車もありません。我家の娘が乗れるようになるのはまだまだ先の様です(笑)

それでは今日はこの辺りで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile