台中ローカルに大人気の傻瓜麵

スポンサーリンク

こんにちは。

海外旅行に長く出かけていて日本の料理が恋しくなった経験はありませんか。

お寿司だったおり、味噌汁だったり、ラーメンだったり。。。

人によって違うかもかもしれませんが、きっと一つや二つ恋しくなるものがあるかと思います。

私も台湾に住み始めてからは味噌汁だったり、天婦羅が無性に食べたくなることが未だにあります(苦笑)

実は日本の出張が長くなってくると台湾の食事が恋しくなってくるものがあります。

それは鼎泰豊の小籠包でもなく、もっとローカルなB級グルメだったりします。

今日はそんな日本での長期滞在から戻ってきてすぐに食べにいった傻瓜麵を紹介しますね。

 

咱家東記傻瓜麵

04-22181633
台中市北區太平路119號

台中では人気のあるお店の一つで、いつも人集りが出来ているほどのお店です。

P1040365

店内もそれほど広くなく、店先に小さなテーブルと椅子を並べて食べている人も多いです。

P1040364

ここのお店で有名なのはタイトルにもありますが、傻瓜麵という麺です。

早速、席を確保して傻瓜麵の中と梅干燒肉飯をオーダー。

P1040359

P1040362

そしてちょっと健康を気遣って空芯菜の炒め物(苦笑)

P1040363

ちなみに傻瓜麵の傻瓜とは中国でばか者、おばかさんという意味だそうです。

でもお店のオーナーがなぜこの名前を使った理由までは判りません。

麺自体はとってもシンプルで茹でた麺に肉団子、ネギが乗っかっているぐらいで、

特に特別な味付けはありません。

 

実はテーブルに特製の醤油や酢、辣油などが置いてあってこれをお好みでかけて食べます。

このソースが一度食べると忘れられない傻瓜麺となるのです。

特製醤油は結構味が濃いので、加減を見ながら入れないとちょっと後悔しますので、

気をつけてくださいね。

 

それから忘れてはいけないのが、一緒にオーダーした梅干燒肉飯も絶品です。

長い時間煮込んだ肉とそのタレが白飯とよく合います。

この日はお腹が空いていたので、麺を中にしましたが梅干燒肉飯をオーダーしたら

麺は小でも十分なボリュームかもしれません。

 

このお店は夜市でも有名な逢甲にもお店があるようなので、台中に夜市観光ついでに

立ち寄っても良いかもしれませんね。

逢甲店:台中西屯區逢甲路19號

 

他にも台中で病みつきになる麺は

乾拌麵 →http://freenist.com/656.html

もオススメです!

 

今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile