台湾でクレジットカードを作る

スポンサーリンク

台湾での生活にもだいぶ慣れてきた今日この頃。。。

でも、意外と困るのが私一人では金融機関からの信用が得られないということ。

簡単に言うと、クレジットカードを作ろうとすると、これがなかなか難しいのです。

日本では簡単に作れたクレジットカード。

お願いもしていないのに、色々な会社から勧誘されていたことを思い出します(苦笑)

 

当然私は台湾では外国人なので仕方がないのですが、クレジットカードがないと普段の生活していく上で意外と不便ですよね。

高鐵(新幹線)や、スーパーマーケット、コンビニなどでも普通にクレジットカードが使えるのに、現金しか使えない。。。

 

色々調べてみると、保証人がいれば大丈夫という金融機関もあるようですが、

さすがに他人にクレジットカードの保証人をお願いするのは気が引けてしまいます。

 

また保証人は必要がなくても良いという機関もあるようですが、審査がなかなか通らないなんてことも多いとのこと。

唯一、簡単に取れる方法は嫁の家族カード会員となること。

 

嫁は台湾人で企業に勤めているのでクレジットカードは簡単に作ることができます。

なので私は嫁のカードの家族カード会員です。。。

 

でも何だかちょっと複雑です。

ちゃんと仕事をして台湾で稼いでいるのに、自分名義のクレジットカードすら作れないなんて。

 

最近ANAと台湾最大手の中国信託商業銀行と提携したJCBカードの発行を開始したので、

ANAもJCBも日系なので自分名義のカードが入手できるかもとちょっと期待したのですが、

やっぱり家族カード会員。。。(涙)

 

それでも、クレジットカード利用でANAのマイルが貯められるし、JCBは台湾でも利用しやすいのですぐに発行してもらいました。

しかも台湾での生活には必需品ともいえる悠遊カードの機能が付いているので、コンビニも新幹線のチケットもこれ一枚でOK!

 

デパートで買い物したり、台湾のインターネットで買い物するのもこれでOK!

しかもANAのマイルが貯められるとなると、これは便利です。

 

実家が東京にある我が家は、羽田に到着してくれるANAがやはり便利なのです。

コツコツとマイルをためて、日本行きのチケットをゲットしたいと思います。

 

ちなみに、金融機関に信用が無いということはもちろん、車のローンをはじめ家のローンなんてもってのほかです。

我が家の車の名義や、自宅(賃貸)もすべて嫁名義。

 

日本から台湾に移住してくる際に考えないといけない事は色々ありますが、

クレジットカード一つにしても、入手することが難しいなんてこともありますね。

 

もちろん、台湾の銀行に多額の貯金額があれば別だと思いますが。。。

 

今日はこの辺で。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile