台中 蔦舎(つたや)食工房

スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。

遂に2015年になりましたね。

今年も台湾の台中から情報を発信していきたいとおもいます。

 

今回は台湾人の友人に連れられて日式居酒屋の蔦舎(つたや)食工房にお邪魔してきたのでご紹介します。

普段仕事上でも、プライベートでもお付き合いのあるNさん。

学生時代に大阪に留学した経験があり、

日本語が少し話せるので時々食事を一緒にさせてもらっています。

 

でも実は日本語よりも英語の方が得意ということもあって、

いつも二人の会話は英語50%、日本語40%、北京語10%の

完全なミックスです(苦笑)

そんなNさんから気になる式居酒屋があるので行ってみないかと誘われたのがこちら。。。

蔦舎(つたや)食工房

住所:台中市南屯區大聖街20號
電話:04-2319-7878
営業時間:1130:1400/1730:2130

IMG_0909_edited

外から見た感じは完全な日本の居酒屋さんのイメージ。

でも営業時間が夜9:30までとちょっと早めなので一次会用といったところでしょうか。

中に入ってみるとこんな感じです。

IMG_0912_edited

テーブル席が数席一階にあり、二回にも席があるようです。

IMG_0913_edited

メニューの表紙はお雛様のデザイン。

店内は家族連れや、夫婦で来ているお客さんが多いようです。

メニューの選定は、友人のNさんにおまかせ。

日本食が恋しくなっている私に気を使ってくれて、日本食が食べられるこのお店に連れてくれたNさんに感謝しつつ、

運ばれてくる料理を待っていると。。。

IMG_0914_edited

最初に出てきたのはなんと、生牡蠣です!

しかも広島産の牡蠣が出てきました。

台湾でも牡蠣を食べることは出来ますが、日本で食べる牡蠣よりも小ぶりな物が多いので、このサイズは久しぶりです。

ぽん酢ベースに大根おろし、七味という組み合わせ。

一品目から大好物の生牡蠣が出てきて、かなりテンションが高くなってしまいました(笑)

IMG_0917_edited

IMG_0923_edited

二品目は天ぷら盛り合わせ。

野菜を中心とした天ぷらにエビの天ぷら。

それほど油っこくはなく、サクサクした天ぷらでした。

すこし衣が多い気もしましたが、このあたりはサービスということで。。。

IMG_0918_edited

三品目はなんとトンカツ。

完全にスタートから一気にトップギアに入った感じのオーダー(汗)

でもこのトンカツ美味しかったです。

この一品と白飯だけでも十分満足かなと。

IMG_0919_edited

そして極めつけは握り寿司に突入。

いわゆる日本の料理を代表するメニューが次々と出てきます。

IMG_0920_edited

マグロの上に乗っているのはキャビアでしょうか。。。

IMG_0924_edited

IMG_0925_edited

男二人で来たこの日。

正直この握り寿司の時点でお腹は満杯。

喋りながらの食事なので余計かもしれませんが、あっという間にお腹がポコっと出てしまいました(汗)

 

この蔦屋ではビールや日本酒も置いてありましたが、残念ながら写真を取るのを忘れてしまいました。

全体的に日本の料理をある程度忠実に少し台湾ローカルアレンジが入った感じの味付けでした。

 

それでも、ビールと日本酒飲んでトータル2000元ちょっと。

コスト的には納得できる範囲かなと思います。

 

ちなみに店内ではお客さんが途切れることがありませんでしたので、予約は必須のようです。

今回頼んでいないメニューも少し気になるので、また機会をみつけて言ってみたいと思うお店でした。

何よりNさんのご配慮に感謝です。

今日はこの辺りで。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile