冬の台中、お薦めグルメ翔記湯圓

スポンサーリンク

こんにちは。

今週で今年も終わりですね。

日中は20℃近くになる台中でもやっぱり冬を感じます。

この時期特に人気が高くなるのは鍋料理などの温かい食べ物。

今日は台中で行列のできるお店のひとつ、

翔記湯圓をご紹介しますね。

地元ではかなり有名なお店で、

過去にはメティアにも紹介されたほど。

お店はそれほど大きくはありませんが、

この日も沢山の人が並んでいました。

お店は漢口路という賑やかな道路脇にあります。

翔記湯圓

住所:台中市北區漢口路三段62號
電話:(04)2291-0469
営業時間:AM11:00~PM22:00
DSC_0112

店内には数席のみで、持ち帰りの人も多いです。

オーダーの仕方は店先にある黄色い伝票に記載するパターンです。

DSC_0103

メニューから、この日のオーダーはこちら。

DSC_0109

鹹肉湯圓 70元

中は一口食べるとこんな感じです。

DSC_0110
日本のお餅や白玉のような食感でモチモチ、中の餡は豚肉、

少しトロミのあるしっかしとした味付けで美味しいです。

野菜はレタス的な食感のものと、

パクチーが少し入ったスープでシンプルな味付けです。

アツアツのお餅に餡が入っていて、体が温まります。

 

それからもう一品

DSC_0104

紅豆湯芝麻湯圓 60元

こちらは見た目も味もお汁粉と同じですね。

中は黒ゴマが入った甘い餡です。

あずきと一緒に食べると、これまた美味しいです。

DSC_0106

食事でもなく、アフタヌーンティーでもなく、

小腹が空いたら食べるという感覚。

 

麺線も小ぶりの椀で出てくるところが多いですが、

これは台湾独特な風習というか文化なのかもしれませんね。

 

ちょっとお腹が空いたときに、ささっと食べられる物。

これが外食が多い台湾ではこういったジャンルのお店が多いです。

 

でも、これ食べると夕飯はちょっと食べ過ぎ何ですよね。。。(苦笑)

台湾の労働時間が世界でも長いという記事を見かけたのですが、

食事をゆっくり食べる時間ももったいないと、

せっせと働く台湾の人にはこういった手軽に、

すぐに、お腹にたまるものは必須フードなんだと思います。

 

しかし台湾人は食べるのが本当に大好きだなんだと、

改めて感じている今日この頃です。

 

日本から来ている駐在員の人たちが、

口揃えって太って困るとよく言うのはよくわかります。

そういう私も一時は5Kgも太りました。。。(冷汗)

 

それでは、今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile