台湾のスイスと呼ばれる台中の清境レストランレポート パート1

スポンサーリンク

こんにちは

前回ご紹介した清境。

雲海や沢山のヒツジ達の放牧を見たあとは、気になるのは食事ですよね。

ちなみに前回の記事はこちら⇒http://freenist.com/1585.html

清境の過去の記事はこちら⇒http://freenist.com/499.html

 

前回清境に行ったときは、ランチはオールドイングランドホテルの中でコース料理を頂いたので、今回は違うものをと物色してました。

そこで気になったのが、

清境牛排館

国民賓館の中にあるステーキハウス。

清境農場で育ったアーカンソー牛が味わえるのはここだけだそうです。

しかも、牛の数は限られており、毎月1頭のみが提供されるそうです。

 

うーん、そういわれるとやっぱり気になりますよね。

個人的には柔らかくて、ジューシーな和牛がこの世で一番美味しい~と思っていますが、やっぱりこの環境で育った牛がどうなのか。。。

結局、国民賓館に勝手に足が向いていました(苦笑)

 

ちなみに、土日ともなるとこの辺りは急な坂道と1車線の対面通行、+駐車場が全体的に不足しているので路駐、その脇を歩く歩行者を避けようとする車で、さらに渋滞悪化。

レンタカーや自家用車で行かれる方は運転に気を付けてくださいね。この日もバイクと車の接触事故が起きていました(冷汗)

 

国民賓館

南投県仁愛村大同村定遠巷25号 TEL:049-280-2748

http://www.cingjing.gov.tw/

ここは清境農場を代表する宿泊施設の一つです。ここに宿泊して、ステーキを頂くというも駐車場の事を心配しなくてもよいので、いいかもしれませんね。

もちろん、宿泊者には駐車場があります。

宿泊していなくても、警備員さんにレストラン利用の旨伝えれば、帰りにレシートを見せろと言われるだけなので大丈夫ですよ。

ちなみに、このホテルは一部屋2500元程度から宿泊可能で、付近にコンビニ、バス停、スターバックスなどのカフェもあり、ここを中心として観光に出かけるにも適しています。

ここから、タクシーで清境温泉に行くのもいいかもしれません。

 

清境温泉

海抜2000Mという高地にあり、炭酸泉の温泉があります。露天風呂や家族風呂がありますが、、基本水着持参の方が安心ですね。

詳しくは台北ナビというサイトにあるので、興味がある方はどうぞ⇒http://www.taipeinavi.com/special/5025715

 

話はだいぶがずれてしまいましたね(苦笑)

はい、ステーキを食べに来たのでした。

 

店内は宿泊施設の中にあって、恐らく朝食のバイキングなどにも利用されているんだろうと思いますが、比較的広い店内です。

IMG_9802_edited

基本的には、メインを選択して後はバイキング形式となっています。

サラダバー、スープ、デザート、フルーツなどが並べられていました。

IMG_9800_edited

私はお目当てのヒレステーキをオーダー(確か750元程度)。

メニューで一番高いものでした(涙)

IMG_9804_edited

じゃーん。

結構予想していたよりもデカイ(笑)

ソースはあまり好きではないのですが、お店では胡椒のソースとキノコソースが用意されていました。

中身はこんな感じ。

IMG_9806_edited

いつもはミディアムレアでお願いするのですが、嫁も食べるというので少し長めに焼いてもらいました。

ボリューム感は合格ですが、やっぱり和牛が一番かな。。。

 

でも、このサイズの和牛は700元台では食べれないことを考えると、トータルでは合格なのかもしれません。

2500円ぐらいで、この肉厚のフィレステーキとバイキングが付いてくるんですから。

 

期待が大きかっただけに、少し不完全燃焼な気持ちでお店を出たので、敷地内にあるショップや散策をしました。

 

ちょっと長くなってきてしまいましたので、この続きは次回に。。。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile