鍋料理の激戦区の台湾で85度Cプロデュースの這一鍋を覗いてきました

スポンサーリンク

こんにちわ。

台湾に住み始めて、気づいたことの一つ。。。

台湾人は鍋料理が大好物

夏でも、アツアツの鍋を、激辛の鍋を食べるのが大好きな台湾。

実は私は辛いものがそんなに得意ではありません。。。

でも、嫁も当然のごとく鍋が好きなのでよく鍋料理を食べに行きます。台湾は本当に飲食店が多いところですが、飲食店チェーンで台湾最大の1000店が鍋料理だそうで、個人経営のお店も合わせると約4000店以上もあるそうです。

そんな激戦区のマーケットでコーヒーショップチェーンで最大と言われる85度Cが

這一鍋

というお店の台中店に行ってきました。

店内の写真は、食事に夢中になってしまったので、あまり写真がありません。。。(苦笑)
ローカルのレストランブログに沢山写真が掲載されているので、参考までにどうぞ。。。

スープが特徴的で、お店のおススメは山椒と唐辛子の辛いスープが特徴の「麻辣鍋」、酸っぱい白菜の漬物が入った「酸菜鍋」、中国史上唯一の女帝、武則天が食したと言われる、豚モツで鶏肉を包んで煮込んだ「鳳凰回巣鍋」だそうです。

ちなみに、台湾では鍋が真ん中で仕切りがあるものが多いので、

嫁⇒激辛スープ

夫⇒まろやかスープ♪

なーんてオーダーの仕方もできますよ。

店内のスタッフもそれなりの値段のレストランだけに教育はしっかりとされていて、サービスもしっかりとしています。

ちょっと気になったのは、教育マニュアルがしっかりとしているせいか、マニュアル通りの応対が目立っていました。
それでも、台湾ではかなりいい方だと思いますが。。。(苦笑)

今回オーダーしたのは、こんな感じです。

写真

お肉がぶらさっがてます(笑)

しかもドライアイスで白い煙が~。。。演出が凝ってますよね。

この日オーダーしたのは、牛と、野菜のセット、水餃子でした。実は平日ランチタイムに行ったのですが、午後の仕事が迫っていたので大急ぎで食べて、店を後にしたのでした。

辛いスープは想像していたよりも辛くなく、私でもOKでした♪二種のスープも味がしっかりあり、もっとゆっくりと食べたかったな~と思っています。

もちろんセルフですがライスは食べ放題ですよ!トータル約1300元(二人)なので約4000円強ですね。。。ちょっと奮発したランチでした(涙)

次回は夜に行ってみたいと思います。

店舗情報

中山北殿
訂位專線:02-66131336
地位專址:台北市中山區中山北路三段31號
營業時間: 11:30AM~00:00AM

吉林殿
訂位專線:02-66178585
地位專址:台北市中山區吉林路190號
營業時間:11:30AM~00:00AM

中美殿
訂位專線:03-4269966
地位專址:桃園縣中壢市中美路一段46號
營業時間:11:30AM~02:00AM

朝富殿
訂位專線:04-36090088
地位專址:台中市西屯區朝富路36號
營業時間:11:30AM~05:00AM

それでは最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile