台中おすすめ日帰り観光スポット 鹿港

スポンサーリンク

こんにちは。

台中中心部から少し離れますが、昔の面影を色濃く残した観光名所の一つ鹿港をご紹介します。

ここは名前の通り、かつての清時代に需要な港の一つでした。

そのため、歴史的にも古い廟がたくさんあるところとしても有名です。

DSC_2945_edited

名前の由来は多説あるようで、

  1. 台湾中部にはかつて鹿が多く生息し、海辺に集まって草を食べる光景が頻繁に見られたため、「鹿仔港」と名づけられ、後に簡略化され「鹿港」となった。
  2. 地形が鹿の姿に似ているため。
  3. 鹿港には、もともと平埔族のバブザ族(巴布薩族)が暮らしており、平埔族(Rokau-an)の発音を中国語に当てはめ、鹿港(ルーガン)となった。
  4. 米の集散地、鹿港には、「鹿」と呼ばれる正方形の穀物庫が多数あったため。

旅々台北.comより引用(http://www.tabitabi-taipei.com/youyou/200803/about01.html)

と、色々あります。

鹿港までのアクセスは、台中駅からは彰化経由鹿港行きのバスを利用するのが良いでしょう。

台中駅からは約1時間程度です。

それではおすすめのスポットです

九曲巷

まずは九曲巷です。名前から想像できるかもしれませんが、細い路地が曲がりくねった道です。

その両脇には今も人が住む場所で、当時の面影がそのまま残っています。当時季節風の影響や、

砂の被害を防止するためにこのような曲がりくねった道を作ったそうです。

摸乳巷

その中でも一番有名なのは摸乳巷です。

名前の意味は胸に触れる小道という名で、その名の通り大人一人がやっと通れる狭い道があります。

DSC_2975_edited

DSC_2971_edited

DSC_2973_edited

ここが入口です。

DSC_2972_edited

 

各所に案内が出ているので、迷うことはありません。

DSC_2982_edited

大人一人がやっと通れる道ですね。

反対側からも人が来るので、タイミング見ながら入りましょう。

あ、でも中央付近で離合できる場所が少しあるので、心配しないでくださいね(笑)

龍山寺

台湾の1級古跡に指定されているもので清朝時代に建設されたらしく、350年以上の歴史があります。また、「台湾紫禁城」ともよばれ、鹿港八景の一つです。

DSC_3004_edited

建物は台湾ではとてもめずらしい「四進三院」が採用されていて、大陸にあった泉州の温陵龍山寺を参考にして建てられたそうです。

かつては99の門があり、様々な彫刻細工が施されていてとても綺麗です。

DSC_2999_edited

DSC_3002_edited

DSC_3003_edited

DSC_3005_edited

住所:彰化縣鹿港鎮金門街 81号

電話:04-777-2472
開放時間:5:00-21:30

天后宮

鹿港三大史跡のひとつである天后宮です。

ここは民間で信仰されている媽祖を祀っています。

媽祖とは航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神で、

実はこの天后宮は1683年に大陸から媽祖像を迎え入れた、台湾唯一の寺だそうです。

DSC_3046_edited

付近には色々な出店があり、散策するだけでも楽しい場所の一つです。

DSC_3045_edited

輝鴻蚵仔煎

またこの天后宮付近には輝鴻蚵仔煎があり、牡蠣入りオムレツの発祥の店もおすすめです。

DSC_3052_edited

サツマイモ粉で作った生地をベースに、カキや小白菜をのせて卵でとじたものです。

甜醤という少々甘いソースをかけて食べます。

そのほか、この付近は海が近いので色々なシーフードを食べることができます。

DSC_3055_edited

DSC_3058_edited

DSC_3061_edited

阿振肉包

そしてもう一つ見逃してはいけないお店です。

DSC_3068_edited

写真の様に常に行列ができているほど、地元では有名なお店です。

日本のテレビでも取材を受けたりしたことがあります。

というのも、以前こちらのお店で働いていた日本人のお弟子さんが3年間の修行の末、

東京世田谷でお店をオープンさせたそうです。

「鹿港」台灣肉包⇒http://www.lu-gang.com/

こちらでは通販もあるそうなので、日本で本場の台湾肉包が楽しんでください。

DSC_3072_edited

DSC_3077_edited

ミルクパウダーが入った中華蒸しパンに肉汁がたっぷり入っていてとてもジューシーです。

出来立て、あつあつで食べるのがやっぱり一番美味しいです♪

 

その他にも、色々台湾政府から認可を受けている人間国宝の方がつくる提灯や、

130年以上も続くお菓子屋さんなどもあり、日帰り観光でも十分楽しめる場所の一つです。

呉敦厚燈籠舗⇒http://www.tabitabi-taipei.com/youyou/200803/art01.html

玉珍齋⇒http://www.1877.com.tw/

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile