台湾のタクシー情報、安全性と料金についてのまとめ

スポンサーリンク

台湾での移動手段の一つといえばやっぱりタクシーですよね。タクシーを使いこなせば、MRTで行けないスポットにも手軽にいけます。

そこで気になるのがタクシーは安全か、料金が安いのか、乗り方は・・・?といった内容になるかと思いますので、これまでの経験を通して、少しご紹介しておきたいと思います。

台湾タクシー事情、乗り方、料金、初乗り最新情報

2015.10.21
台湾でもタクシーのことはタクシーと日常的に使用される言葉なので、タクシーといえば通じることも多いですが、ただ年配の方には通じないかもしれません。

ちなみに中国語では計程車といいます。

引用:http://japan.cna.com.tw/news/atra/201210190001.aspx

台湾のタクシー料金について

基本的には日本のタクシーと同じようなシステムで、メーター制になっています。台北や台中では初乗り70台湾元ですので、日本と比べればとてもリーズナブルです♪

6時~23時までは最初の1.25Kmまでは初乗り料金。その後は250Mごともしくは1分40秒ごとに5台湾元が加算される仕組みです。また日本でも同じですが、深夜料金があり通常の料金に20台湾元が追加となります。

電話でタクシーをお願いしたり、荷物をトランクに積んだりしてもらうと10台湾元が加算されることもありますが、私は殆ど記憶がありません。。。(苦笑)

注意点としては、メーター制なので動き始めてもメーターが動いていなかったら、運転手さんに要求しましょう。ただし、桃園空港から、桃園高鐵駅まで乗車したときに固定料金でたしか230台湾元だからと言われて、メーター利用しなかったことも経験上あります。

メーターを使っても230台湾元程度なので、その時にはあまり気にしなかったことはあります。

台湾のタクシーの乗り方

タクシーは台湾では「計程車」又は「出租汽車」(主に中国)と呼ばれていて、黄色の車体が目印です。日本の様に緑や、黒のタクシーはありません。もちろんハイヤーは別ですが。。。

大きな駅などではタクシー乗り場から、もしくは市内であれば流しのタクシーを手を挙げてれば止まってくれます。基本的には日本語、英語は通じないものと考えた方が良いでしょう。

カタカナ読みの中国語や、英語で書いた住所もまず通じません。中国語で書かれた住所や地図を見せた方が無難だと思います。

ちなみに、私は自宅の住所をタクシーの運転手に中国で伝えて理解してもらうのに、半年近くかかりました(苦笑)

 

初めてタクシーを台北で利用した時に、やたらとUターンや大回りしていると感じたことがあり、きっとぼったくられてるんだろうと考えていました(汗)

でも実は違うんです。台北は特に一方通行が多いのでやたらとUターンや大回りをしなければならないので、心配しないでくださいね。

乗り方で注意しておきたいのは、自動ドアではないことです。また、スクーターの多い台湾ですので、ドアの開閉時は後方よく見てからドアをあけましょう。

もちろん、降車した時に閉めるのを忘れないでくださいね。

台湾でタクシー利用する時のコツ

台北や台中などの大都市では流しのタクシーも多いのですが、郊外や、田舎にいくとほとんどタクシーが走っていないということもあるので、到着した時に電話番号を聞いておいたり、時間でチャーターした方が無難です。

私も仕事柄タクシーによく乗車するのですが、運転手さんと交渉して3時間でいくらとか、何時にここに来てくれなどとお願いすることも多いです。

台湾のタクシードライバーは基本的に優しい方が多いとは思いますが、愛想のないドライバーも当然いますので、ドライバーを見て判断した方がよいですね。

また、同じ黄色のタクシーでも運営会社は別々です。車体も綺麗に整備されているものから、ポンコツのタクシーもあります。経験上、なるべく綺麗なタクシーを選んで乗車した方が、親切なドライバーさんが多いような気がします。

台湾タクシーの安全性はどうなのか?

女性の一人旅などは特に心配な点だと思いますので、すこしご紹介しておきます。

まずは、台湾がいくら安全な国、親日家が多いところとは言え、ここは日本ではなく海外であることは常にもって行動していれば大丈夫です。

基本的には、私個人は怖い思いもしたことはありません。ただ、台湾のタクシー運転マナーに驚くことが多いと思います(冷汗)。。

なので、シートベルトは着用してくださいね。(義務付けられています)

また、できれば深夜に一人でタクシーに乗ることは極力避けましょう。もし、どうしても必要がある場合はホテルなどに頼んだタクシーに来てもらう方がいいと思います。

必要以上に心配させることもしたくはありませんし、せっかくの旅行が台無しなってはいけません。ここは海外ですので、自分の身は自分の身で守る意識を忘れず、台湾を楽しんでくださいね。

噂のUberの利用もオススメです

日本でも知名度が上がってきたUber。台湾でも台北、新北、桃園、台中でも利用可能です。言葉に自信がなくても行き先を入力すれば説明する必要も無いですし、料金もシステムで管理されているから安心です。

台北、台中で合計20回以上乗った経験では、タクシーよりも快適な移動になると思いますよ。しかも高級車に巡り会えるかもしれません(笑)

Uberの記事も掲載しているので是非どうぞ。

台湾でUberを使って便利に移動する!お得なプロモーションコード情報あり

2016.01.22

それでは今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile