台中おすすめ本格英国式紅茶専門店

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は台中に本店があり、世界中に50店舗もの支点を持つ古典玫瑰園をご紹介したいと思います。

IMG_7853_edited

古典玫瑰園

実は台湾で紅茶の栽培が始まったのは約100年前のこと。

当時は台湾で生産される紅茶は”Formosa Black Tea”と呼ばれていて、その後”Formosa Oolong Tea”(台湾烏龍茶)とともに欧米諸国に多く輸出されるようになったそうです。

多い時には7千トンも輸出されるほどの主力商品でしたが、日本の敗戦を機に中国大陸で常飲されている「緑茶」の生産がメインとなってしまったようです。

その後台湾烏龍茶が有名となり、今では台湾茶の代名詞のようになっています。

 

そんな歴史の背景があるこの台湾で、有名な画家であり創始者の騰輝さんが英国の陶磁器やバラが好きで、このお店を始めたきっかけとなったようです。

今では、台湾で最大のイギリス茶の専門店となっているそうです。

IMG_7888_edited

IMG_7887_edited

店内に入ると、すぐに薔薇の香りがしてきます♪

ここ、創始店の店内は薔薇の赤を基調としたインテリアになっていますが、落ち着いた雰囲気です。

IMG_7860_edited

IMG_7862_edited

今回はランチタイムが終わるギリギリに行ったのにも関わらず、ランチメニューを出していただきました。

IMG_7865_edited

IMG_7866_edited

この日オーダーをしたのはパスタのセットとリゾットのセットです。

セットには、パンとデザートとお好みの紅茶を頼むことができます♪

 

まずはパスタが出てきました!

IMG_7879_edited

う~ん、美味しそうですね。盛り付けも綺麗です。

IMG_7881_edited

パスタの茹で加減、塩加減も適度で、本格イタリアンレストランで食べているのと変わらない気がします。

次はリゾットです♪

IMG_7874_edited

チーズがたっぷりと使われていて、香ばしい香りが食欲を引き出してくれます(笑)

IMG_7875_edited

このメニューはリゾット風か、もしくはペンネで作ることも可能だそうです。

ペンネで食べても美味しいですよね~。

こちらは、セットのパンですが薔薇が入っていました!!

IMG_7868_edited

最後はお待ちかねの紅茶です。

この日オーダーしたのは、ロイヤルミルクティーとフルーツの入った紅茶です。

IMG_7878_edited

陶器はすべてイギリスから輸入しているそうです。

IMG_7869_edited

これが、フルーツの入ったアイスティーです。

フルーツがたくさん入った紅茶で、飲み終わった後もフルーツを食べることができますよー。

 

デザートだって見逃せません(笑)

クレームブリュレが出てきました♪

あまり甘すぎず、とろりととけるようなブリュレでした。

IMG_7883_edited

IMG_7886_edited

店内はクラシックが流れていて静かな午後を楽しむにも丁度よい思います。

 

お店は台中が発祥ですが、台北にもありますし高雄にもあるので少し美味しい紅茶やアフタヌーンティーを楽しみたい時にオススメしたいお店の一つです。

店舗を探す⇒http://www.rosehouse.com/rosehouse/rosestore.php

 

ランチタイムが終わっても、アフタヌーンティーが楽しめますので、是非足を運んでみてください。

それでは今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile