台中の老舗排骨麺店、一度食べたらクセになる新豊源排骨麵

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は台中で大好きなお店の一つですが、紹介していない大人気の排骨麺をご紹介しますね。

排骨麺とはご存知の通り、骨付きバラ肉を卵と小麦粉を付けて揚げたものが、麺の上に乗ったもので日本だとパイコー麺などと言われていますよね。日本でパイコー麺というととんかつが麺に乗っていたりするお店もありますが、排骨というのは豚のスペアリブです。

台湾本場の排骨麺はやはり、人気が高くお店ごとにスープの味付けや、麺がお店によって違うので色々と楽しめます。

台中でも一位、二位を争う人気店です。

新豊源排骨麵

台中市健行路461號
0422055977
AM 11:00~3:00
PM  4:30 ~ 9:00

IMG_7816_edited

いつ行っても、お店の中から外まで持ち帰りの人の列が出来ているほど人気です。

今回は、店内で頂きました。

IMG_7808_edited

店内はそれほど広くはありませんが、所狭しとお客さんが座っていて大賑わいです。

まずは、座席に座って待っていると、おばさんがオーダーを取りに来てくれるので希望の商品を頼みます。

忙しすぎると、中々きてくれないのでタイミングみて声をかけてみてください(苦笑)

中国語ができないと、少し大変かもしれませんがオープンしたての時間など、人が少しでも少ない時間にいけば大丈夫だとおもいます。

この日も、忙しいので中々オーダーを取りに来てくれないので、声をかけたら「ちょっとまって!!」

と言われてしまいました(涙)

でも、台湾ではこんなことにしょんぼりしてはいけません。日常茶飯事なことなんです(汗)

オーダーが完了すると5分もしないうちに料理が運ばれてきました♪

IMG_7810_edited

お待ちかねの排骨麺です。

麺はこんな感じの少し太めの麺です。

IMG_7815_edited

スープは日本で食べるパイコー麺とはかなり違うかと思います。

香ばしい風味の醤油ベースと思われる出しの効いたスープに、かなりボリュームのある太麺が入っていて、これだけで結構お腹が一杯になります。

あまり癖のないスープなので、誰にでも気に入って頂けると思いますよ♪

ちなみに、となりの席では排骨麺ではなく、排骨飯を食べている人も多く次回はこちらのレポートもしたいと思います。

今回は、その他に野菜と粉腸と言われる小菜をお願いしました。

IMG_7812_edited

野菜は白菜とインゲンの茹でたもの。シンプルですが素朴な味で美味しいです。

IMG_7811_edited

こちらが、粉腸は豚の腸詰のような食べ物で、ショウガと専用タレにつけて食べます。

見た目は少し”独特”ですが、食べると意外と臭みがなく、少しプリプリとした食感がショウガと特製タレに上手くまじりあって、結構ハマってしまう感じです(笑)

この新豊源排骨麵というのは台中市内中心部にありますが、台中から少し離れた豊源というところにも有名な清水排骨麺というお店がありますので、時間がある方はこちらも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

台中 豊原廟東へB級グルメと慈済宮観光の旅

2014.10.12

それでは今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

台湾自由人

台湾人の奥さんとの結婚を機に台湾の台中にて生活をした後、家族揃って日本に移住。現在、神奈川県の湘南にてのんびりとした普段の生活と、台湾について主に綴ってます。更新頻度は不定期ですが備忘録も兼ねて綴っています。詳しいプロフィールこちらも見てください!http://freenist.com/profile